このページのトップへ
ホーム » 施工例 » エクステリア » 匝瑳市A様邸 タカショー「ホームヤードルーフシステム」のやわらかな光が美しい、夜景が絵になるエクステリア

匝瑳市A様邸 タカショー「ホームヤードルーフシステム」のやわらかな光が美しい、夜景が絵になるエクステリア

匝瑳市A様邸の新築エクステリア工事をご紹介いたします。
ホームヤードルーフシステムを用いた光の演出が美しい、夜景も絵になるエクステリアです。


ファサード部分は舗装面を広く取り、外回りのメンテナンスを軽減させています。
背の高いヤマボウシと銅葉色のコルジリネが寄り添うナチュラルな門柱の足元は、人工芝でカバー。自然石を貼ったアプローチを中央に通し、玄関ポーチの石貼りの階段へ繋ぎました。

2台用のカーポートはLIXIL「ウィンスリーポートII」。厳しい気象条件での耐風圧・耐積雪強度を持たせたカーポートなら、万が一の天災にも安心です。 
駐車場の足元は、使いやすい土間コンクリート舗装です。カーポートの柱を繋ぐようにアプローチの曲線ラインと同じレンガを使い、アクセントに。


三色の天然石乱貼りが個性的なアプローチは、曲線を描きながら高級感のある石貼りのポーチ階段へ。
LIXIL「EXライトエントランスライト」を門柱の周囲に張った人工芝の中に設置して、夜間の足もとと門柱まわりを照らします。
人工芝は木やライト周りなどの細かい部分に隙間を作らないよう丁寧に加工し、BOOTROOMのオーガニック充填材「エンバイオフィル」と「セーフシェル」を入れました。人工芝の充填剤は根元を抑えることで芝をきれいに立たせ、水はけも良くしてクッション性をアップさせます。
天然珪砂と黒クルミから作られたオーガニック充填剤なら、赤ちゃんが寝そべっても、愛犬が舐めても安心ですね。

門柱の奥にはLIXILのサイクルポート「フーゴF」を施工。シャープでモダンなデザインで、カーポートと同様の強度と高い耐久性を持たせています。アプローチ部分ととフラットに土間コンクリートで舗装しました。


白い塗り壁仕上げの門柱には、ブラックの笠木と鋳物風のサインで飾り、穴あきブロックをアクセントに使いました。
黒の焼き付け塗装がクラシカルな鋳造風サインは、群峰アクシア「エレナ」です。
アクセントの飾りブロックはオンリーワン「ポーラスブロックF白土」。焼き物ならではの自然な色幅を持つ、素朴で温かみのある穴あきブロックです。


木目柄がナチュラルなルーフフレームは、タカショー「ホームヤードルーフシステム・ルーフライティングフェイス」。従来のライトにはないスタイリッシュな光の演出で、魅力的な夜景をエクステリアに作り出します。

ホームヤードルーフの足元には、LIXIL「スマート宅配ポスト」を設置しました。明るいオークの木目フレームが温かみを感じさせ、ホワイトのセンターブロックと本体が品のよいデザインです。サイン、メール便最大サイズの収納が可能なポスト、大容量サイズの宅配ボックスを格納し、オプションの「ホームネットワークユニット」も取り付けました。
スマートフォンとスマート宅配ポストを連携させて操作し、宅配通知を受け取るほかに集荷依頼や複数荷物の受け取りなども便利に、安心に行えます。


ポスト横のアプローチにはかわいらしい手形が入っています。ご家族の素敵な思い出の日付けも刻みました。
階段横にはスクエア状のラインがモダンな化粧ブロックの花壇を設け、株立ちのアオダモを植えています。花壇には防草シートを敷いて化粧砂利でカバーし、雑草を防止しています。


マーブル模様が美しいシックな黒い天然石を張ったポーチ階段。天然の石材は、ひとつひとつが違う表情を見せます。
石材は数多くの種類の中からお好みや全体のテーマに沿ったものを決定しますが、特に階段の天然石は妥協せず、選りすぐったものを使用しました。


階段から続く石貼りのポーチには、三協アルミの手摺り「ジ−エムライン」を設置してポーチと花壇を間仕切りしました。
高さのある花壇への踏み出しを防止し、捻りを入れた縦桟のクラシカルな洋風デザインが玄関まわりの景色を引き締めてくれます。 


玄関の左手には東洋工業のおしゃれなガーデンシンク「アシュリーシンクポール」を設置し、陶器のシンクパンを取り付けました。
ちょっとしたスペースにコンパクトに収まる背の高いシンクポールは立ったまま水を使え、下部のホース接続タップは散水や洗車に便利に活躍します。


プライベートな庭にはLIXILの人工木デッキ「樹ら楽ステージ」ミディアムウッドカラーを設けました。
樹ら楽ステージは昇温抑制効果を持つ顔料を使用することで、夏季の表面温度の極端な上昇を抑えます。天然木の風合いをリアルに表現した人工木は腐食やシロアリの食害の心配がなく、メンテナンスも簡単。デッキの幕板部分には端部キャップにもサンディング(削り)を施した「デッキDS」を使用しました。


デッキにはスタイリッシュな「モダンデッキフェンス」を取り付け、万が一の転落を防止。ステップを設置して屋内と屋外を繋いでいます。
デッキの基礎周りは地面からの湿気を防いでくれる土間コンクリート舗装に。デッキ下がちょっとした物の収納に便利に使えるスペースになりました。


ホームヤードルーフの明かりが灯り、ポーチ階段のアプローチまわりを優しく照らす夕刻の景色。

ホームヤードルーフ全体に組み込まれ、フレームと一体化した光のシャープなラインがスタイリッシュな夜景を作り出す、A様邸のアプローチ。
目に優しく温かみのある電球色のLEDライトが三方向から照らし出し、影ができにくい拡散光はフレーム周りを照らし出し、安心感も与えてくれます。




ホーム » 施工例 » エクステリア » 匝瑳市A様邸 タカショー「ホームヤードルーフシステム」のやわらかな光が美しい、夜景が絵になるエクステリア
有限会社大千園

〒289-2135
千葉県匝瑳市高野880

TEL:0479-72-2136
携帯:080-2260-7554
(担当:大木)

[営業時間]
AM09:00 〜 PM18:00
[定休日] 毎週日曜日